Tenuta di Artimino

​​テヌータ ディ アルティミーノ

テヌータ ディ アルティミーノには、

メディチ家の存在が大きく

関わっています。

というのも、ワイナリーの建物は、

1596年に建てられたメディチ家別荘の

1つで、2013年からユネスコの世界

遺産に登録されております。

元々メディチ家は薬問屋か医師であった

と言われておりますが、14-16世紀

フィレンツェで、銀行家、政治家として

台頭し、トスカーナ大公国の君主と

なりました。

メディチ家の息女カテリーナがフランス

国王アンリ2世と結婚した際に、

メディチ家へフランスワインが贈られ

ました。そのワインに感動したメディチ

家は、この別荘の地にフランスの

ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン

を植え、トスカーナの地品種である

サンジョヴェーゼとブレンドするワイン、

カルミニャーノの歴史が始まった

との説があります。

このような歴史や伝統がある土地で、

環境に対する敬意と土壌の自然の繁栄こそ、

品質の高いブドウ栽培の基礎であるとし、

科学肥料や科学除草剤は一切使用せず

高品質のワインを造っております。

〖  赤ワイン辛口 フルボディ 〗

 

 POGGILARCA, CARMIGNANO DOCG 

ポッジラルカ,カルミニャーノ DOCG

                          ・生産地:イタリア トスカーナ

                          ・アルコール度数:13%  ​

                          ・ヴィンテージ :2015年

                          ・内容量:750ml

                          ・ブドウ品種:サンジョベーゼ、カベルネ

                             ソーヴィニヨン、メルロー

                          ・適温:18℃

                          ・特徴

                             チェリー、ラズベリー、胡椒と心地よいバニラの

                             香り。口あたりが非常に洗練されており、果実味

                             感のある味わいです。持続的で心地良いタンニン

                             感じることができます。

                 ・ペアリング

                             グリルのお肉料理(豚牛)、トマトベースのパスタ、 

                             ビーフシチュー